Doing nothing often leads to the very best something

骨盤が歪む3つの原因【対処法も紹介】

フィジカル

どうも、りょうた子です。

今回は、骨盤が歪む原因について解説します。

僕は、柔道整復師という国家資格を持っていて整形外科で務めていて、沢山の患者さんを治療しています。

若い患者さんでも姿勢が悪く、「骨盤が歪んでいる人」がとても多いです。

なので少しでも多くの人に「骨盤の重要性」について知って頂きたく記事にしました。

  • テレワークでずっと家にいるから腰が痛い
  • 下っ腹が出て気になる
  • お腹をすぐに下す
  • 座ると足を組みたくなる

など、経験ないでしょうか?

これらの「骨盤歪み」が原因かもしれません

骨盤が歪んでいると体全体が歪み、日常生活のあらゆることに悪影響を及ぼします。

この記事の内容
  • 骨盤が歪む原因
  • セルフチェックの方法
  • 対処法

難しい用語や筋肉の説明はありませんので、気楽に読んで見てくださいね!

骨盤が歪む原因

骨盤は寛骨・仙骨・尾骨から作られていて、体の中でもかなり大きな骨です。

そして、骨盤の上には背骨が付いており、その先に頭が付いているので、骨盤はいわば「体全体を支える基盤」みたいなものです。

ではそもそも、なぜ骨盤は歪んでしまうのか。

  • 日常生活での姿勢
  • 筋力不足
  • 筋肉の柔軟性の低下

が主な原因です。

日常生活での姿勢

骨盤が歪む一番の原因といってもいいでしょう。

  • 足を組んで座る
  • 椅子に浅く座る
  • 体重を片足に乗せる
  • 横座りをする

などなど、原因を上げ始めるときりがありません。

ついつい「楽だから」といって悪い姿勢を取ってしまいますが、それは次の筋力不足に繋がってきます。

筋力不足

骨盤の安定には3つの筋肉が関与しています。

  • 骨盤底筋
  • 多裂筋
  • 腹横筋

(別に名前を覚える必要はありません)

これらの筋力が弱ると正しい姿勢を維持できなくなり、先程紹介したような「悪い姿勢」を取りたくなってしまうのです。

筋肉の柔軟性低下

皆さんは柔軟体操の「開脚」や「長座」で骨盤を立てることができますか?

僕はできません、笑

体が柔らかい人は骨盤を立てることができて、更に体をベタッと前につけれます。

なぜ、骨盤を立てることができないのか?

それは、「ハムストリングが硬くなり、短縮しているから」です。

ハムストリングは太ももの裏の筋肉で、骨盤の坐骨に付いています。

この筋肉の柔軟性が低下すると、骨盤が後ろに傾き骨盤を立てることができなくなってしまいます。

そして、筋肉が硬いことにより骨盤が引っ張られ、骨盤が歪んでしまうのです

骨盤が歪むことで起こる症状

骨盤が歪むと全身のバランスが崩れるので、沢山の症状が出てしまいます。

骨盤の歪みが原因で起こる症状
  • 肩こりや腰痛など、体全体の痛み
  • 深く眠れない
  • メンタルの不安定
  • O脚・X脚
  • 下っ腹が出る

皆さんが想像している「腰痛」以外にもこれだけの症状を引き起こします。

特に、体が不調であると「メンタルが不安定」になりやすく、

  • 毎日楽しくない
  • なにも無いにイライラする

など、余裕がなくなり、上手くいくことも上手く行かなくなります。

このブログでは体のこと以外にも「メンタル」について記事にしているので、興味がある人は立ち寄ってみてください。

つまり「体の健康=心の健康」というわけですね。

骨盤の歪みのセルフチェック方

「骨盤が歪むと悪いって言うことはわかった、でも自分の骨盤が歪んでいるかわからないよ」

と思われる方は沢山いるはずです。

なので、ここでは自分ひとりでもチェックできる簡単な方法を紹介します。

足の開いた角度

  1. 仰向けになって、肩幅に足を広げる
  2. 力を抜いて、足を左右にブラブラ動かす
  3. そして、頭だけ起こして足の開き具合を見る

このときの足の開き具合が90°以上だったり、左右どちらかが開きすぎたりしていると、あなたの骨盤は歪んでいます。

左右の肩の高さの違い

鏡の前で立って、左右の肩の高さの違いをチェックします。

これだけです!笑

骨盤が歪むと体全体が歪みます。

例えば、右の肩が高くなっているのであれば、右の骨盤が上に上がっているということになります。

対処法

では、最後に骨盤の歪みを治すための方法やグッズを紹介します。

基本的に一人でできる対処法を紹介しますが、

  • 腰が痛過ぎでどうにもならない
  • ストレッチしたら余計ひどくなった

など、症状が悪化することがあるので、「この痛みはやばいな」と思ったらまずは整形外科や整骨院で見てもらいましょう。

ストレッチ

骨盤の歪みを治すためには、「筋肉の柔軟性」を上げないといけません。

なので、自分の痛くない範囲でストレッチを毎日行いましょう。

ストレッチの方法はYouTuberのオガトレさんがとてもわかりやすいのでおすすめです。

ストレッチしても柔らかくならない人へ!【寝たまま骨盤矯正】

丸投げでごめんなさい、笑 僕もオガトレさんのストレッチをやって、とてもスッキリするので本当におすすめです。

フォームローラー

「体が硬すぎてストレッチができない」という人にはセルフマッサージアイテムの「フォームローラー」をおすすめします。

フォームローラーは骨盤まわりだけでなく全身の筋肉をほぐすことができるので、僕の激推の商品の一つです。

別の記事でフォームローラーについて詳しく解説しているので、是非御覧ください!

トレーニング

筋肉は緩めるだけでなく、鍛えることも必要です。

そのために、まずはプランクなどの「体幹トレーニング」から始めましょう。

プランクはインナーマッスルを鍛えることができるので、

  • 骨盤底筋
  • 腹横筋
  • 腹筋
  • 多裂筋

など、骨盤の安定に欠かせない筋肉を全体的に鍛えることができるので、簡単で効果のあるとてもおすすめのトレーニング方法です。

はじめは30秒くらいの短い時間からはじめて、なれてきたら徐々に増やすといいですよ!

病院で見てもらう

自分でも骨盤の歪み対策をすることは可能ですが、「正しい骨盤の状態」を確認することは難しいです。

そして、間違ったままトレーニングやフォームローラーを使うと、症状が悪化するかもしれません。

なので、

  • 体の痛みが強すぎる
  • ちゃんと自分の体の状態を知りたい

など不安がある方は、整形外科や整骨院で診てもらうことをお勧めします。

まとめ

骨盤が歪むと全身のバランスが崩れ、日常生活に悪影響を与えます。

なので、少しでも早く対処する必要がありますが、地道にストレッチやトレーニングを行うしかありません。

これだけやればで治る」といった、魔法の方法は無いのです。

また、自分で対処するには限界があるので、多少のお金がかかっても「自分の将来の投資だ」と思って整形外科や整骨院で診てもらうのも一つの方法です。

体の不調はメンタルにも影響します。

自分の体をもっと大切にしてくださいね。

では、りょうた子でした!

コメント